2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

朝夕が涼しく感じられるようになってきました。
先日、琵琶湖に浮かぶ島 「竹生島」へいってきました。島には弁財天が、まつられています。
音楽の神様なので、学生のときの親友(音楽のよきライバル)と、自分の思いを祈ってきました。
彼女は二胡が好きで(彼女は二胡は弾かない)、たまに会っては、写真やビデオを撮ってくれたり、二胡のことでアドバイスしてくれたりします。時には、ぶつかるのですが率直にいってくれる彼女は、私にとってよきアドバイザーです。
 そこで、島で気持ちよく感じた建物で二胡を弾いてみました。琵琶湖にちなんで「太湖船」です。
蝉の声、風の音、人の声も入っていますが、気持ちよく弾かせてもらいました。

スポンサーサイト

【竹生島】
三年程前に、ぶらりと長浜港から竹生島へ出掛け、琵琶湖周航の歌碑をバックに写真を撮ったのを思い出しました。
平家物語・平経正伝の中には、都久夫須麻神社の拝殿で経生が、琵琶を奏でるシーンが書かれているそうですね。琵琶湖の自然に溶け込んでやさしい二胡の音色が、竹生島に響いたことでしょう。ロマンチックですねー。居合わせた人達は、ラッキーでしたね。
二胡教室発表会まで、あと一ヶ月となりました。先生の言われる二胡と音楽への愛情を大切にして、練習に励みます。(本当は、間違えずに弾くのに精一杯です。)
【】
日本一の琵琶湖を眺めながらの二胡の演奏 素晴らしく自分もその 場所に居る様な感じました。何時も優しく教えてくださり感謝です
  
【竹生島】
音楽は、心の内面表現であったり、自然を描写したりと、いろいろな側面をリズム、メロディーを用いて表現しています。
だから、自然のなかで演奏することで呼吸が自然に整って、ゆったりと弾けるように思いました。
また、近くにいらした方々が、聞いてくださる気配がまた心嬉しく、音楽のおかげで、コミュニケーションもとれて素敵な時間でした。
発表会も、楽しく素敵な時間にしましょう。
この記事へコメントする















Sheeta (シータ)

Author:Sheeta (シータ)
本名 廣井博子
中国の民族楽器「二胡」を通じて、人生を楽しみ味わいたいと思っています。そして素晴らしいこの世界を表現し、みんなと分かちあうことが私の楽しみです。