2017 / 05
≪ 2017 / 04 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - 2017 / 06 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月17日(日)徳洲会病院チャリティ-イベント 皆様ごくろうさまでした。ありがとう

風が強い中での演奏でしたが、気持ちよかったですね

演奏後、池田町のクラフト展にいきました。広島に転勤中の 森島渉さん ペンネーム「心穏やかに自由人」が久しぶりに帰ってきて、クラフト展に出店しているとのことで・・会いにいきました。
池田町クラフト展にて
左側から 森島渉さん パッチさん 吉野公賀さん シータ(私)

今回、森島さんからいただいた言葉は
森島さんからのメッセージ
「人生のOKは自らだす」といただきました。そしてそれについて添えてもらった言葉が「それが願いとお空がいってる」


今の私にハッとする言葉でした。サウンド・フェアリーを立ち上げて信じていこう!と自分がOKならいいんだなって・・
写真に写っている、吉野公賀さんはサウンド・フェアリーの第1号さんです。森島さんの紹介で引き合わせていただきました。

吉野さんの紹介です
img006.jpg
このチラシでおわかりになると思います。吉野さんは画家です。
23歳のとき突然視覚障害で片目の視力を失いました。現在もいつ片方の目の視力が失明するかわからないのですが、視力を失ってから「絵がかきたい」と思い画家として活躍されています。

吉野さんがよく言う言葉で大好きな言葉「光を失うなら、自分が光をつくればいい」

このチラシにも書いてある一部を紹介します

誰にでも苦しい時があります。そんな時、アートが私に「元気」をはこんでくれる。
家族や友人の存在も私にとってはアートそのもの。この先、更なる困難とむきあうかもしれません。
大切なのは、いかに自分らしく生きるか・・・自分なりの″生きる"アートを見つめ、多くの喜びを生み出していきたい。


吉野さんと出会ってまだ、3ヶ月ちょっとですが私の人生をゆすってくれる人です。
5月3日から吉野さんが個展をひらかれます。詳しくはリンクの「胡博会ホームページ」また、吉野さんのブログをご覧ください。

3日は友情出演で個展にて演奏させていただきます。
2ステージあります  1回目11:30~   2回目14:00~

サウンド・フェアリーで、人が繋がり自分らしく生きていける世界が広がっていくとことを楽しみに・・していきたいです
 
スポンサーサイト

この記事へコメントする















Sheeta (シータ)

Author:Sheeta (シータ)
本名 廣井博子
中国の民族楽器「二胡」を通じて、人生を楽しみ味わいたいと思っています。そして素晴らしいこの世界を表現し、みんなと分かちあうことが私の楽しみです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。